こんな時は?

こんな時は?
ホーム > こんな時は?

自動車事故にあった場合自動車事故にあった場合

1
負傷者の救護措置を行ってください。
負傷者がいる場合は119番に連絡し、消防機関の指示を仰いだうえ、救護措置を優先して行ってください。頭を 強打した可能性がある場合は、むやみに動かさないようにしましょう。
2
二次災害に気を付けてください。
車を安全な場所に移動させてください。三角表示板を立てたり、発煙筒をたくなどして、他の車に危険を知らせ ましょう。車が自力走行不能の場合は、下記「あんしん24受付センター」へ連絡し、レッカーを手配。
3
警察署への届出を行ってください。
110番に連絡し、警察署へ事故の届出を行ってください。なお、人身事故の場合は、人身事故であることを必ず 警察署へ届出していただくようお願いします。
4
相手の方をご確認ください。
事故の相手の方がいる場合は、メモに書き留めておいてください。できる限りのことを確かめましょう。
5
目撃者についてご確認ください。
事故状況を正確に把握するために、事故を目撃した人が近くにいないか確かめましょう。メモに書き留めておいてください。
6
その場での示談はしないでください。
事故相手の方から損害賠償の請求を受け、その全部または一部を承認する場合は、必ず事前にあいおいニッセイ同和損保にご相談ください。
7
ただちに下記にご連絡ください。
ご契約の代理店・扱者 株式会社葵総合保険
TEL:(075)256―2811
FAX:(075)256―2141
または
あいおいニッセイ同和損保
あんしん24受付センター

【受付時間】365日24時間受付
0120-024-024
        (無料)         
  • ・IP電話からは0276-90-8850(有料)におかけください。
  • ・おかけ間違いにご注意ください。
    (注)ご連絡の際は、保険契約者のお名前、証券番号が必要になります。

地震にあった場合地震にあった場合

大地震が起きても、あわてず冷静に行動することで、けがや火災から身を守ることができます。普段からどのような行動をとったらよいか考えておきましょう。

1
地震発生 安全の確保
【まず、我が身の安全を図る】
・何よりも大切なのは命。地震が起きたら、まず第一に身の安全を確保する。
・丈夫な机の下に避難する。
・倒れてくる家具や落下物に注意する。
2
〜3分 家族の安全確認と初動措置
【避難の準備をする】
・非常時出品を準備する。
・靴を履く。
・ヘルメット(防災ずきん)をかぶる。
【外へ逃げるときは慌てずに】
・外へ逃げるときは、ガラスやかわらなどの落下物に注意し、落ち着いて行動する。
・家を出るときに忘れずブレーカーを切るなど、出火防止に努める。
・ブロック塀や門柱から離れる。
【火が出たらまず消火】
・火事だ!と大声で叫び、隣近所 にも助けを求め、初期消火に努める。(消火器、水バケツ)
【出口を確保する】
・地震のときは、ドアや窓が変形して開かなくなることがある。
・ドアや窓を少し開けて、逃げ道を作っておく。特に、マンションや団地などは要注意。
【閉じ込められたら】
・大声を出して外部に知らせる。
・手元のものを叩いて、大きな音で外部に知らせる。
・笛を吹いて知らせる。
【山崩れ、がけ崩れ、津波に注意する】
・山間部や海沿いの地域で揺れを感じたら、すぐに避難する。
3
3〜5分 運動準備と周辺の確認
【避難の準備をする】【避難の準備をする】
・非常時出品を準備する。
・靴を履く。
・ヘルメット(防災ずきん)をかぶる。
【外へ逃げるときは慌てずに】
・外へ逃げるときは、ガラスやかわらなどの落下物に注意し、落ち着いて行動する。
・家を出るときに忘れずブレーカーを切るなど、出火防止に努める。
・ブロック塀や門柱から離れる。
【隣近所の安全を確保する】
・近辺に出火はないか、閉じ込められた人はいないか確認する。
【火事を見つけたら】【火事を見つけたら】
・大声で知らせる。
・消火器を使用する。
・バケツリレーで初期消火する。
4
5〜10分 情報の収集と避難
【周囲の状況をみる】】
・地域の集合場所に集まって、被災状況を確認する。】
・余震による建物等の倒壊に気を付ける。】
・まず高齢者や、身体の不自由な方、子どもの安否を確認する。
【避難は徒歩で、荷物は最小限にする】
・高齢者や、体の不自由な方、子どもを先に避難させる。
・車やオートバイは使わない。
・行き先メモを玄関付近の目立つ場所に残す。
・なるべく大きな通りを選んで避難する。
【狭い路地、塀ぎわ、がけ、川べりに近寄らない】
・ブロック塀、門柱、自動販売機などは倒れやすいので、近寄らない。
5
10分〜数時間 協力して消火、救出活動
【みんなが協力し合って消化、応急救護】
・みんなで協力して消火器やバケツリレーで火を消す。
・倒壊家屋や転倒家具などの下敷きになった人を隣近所で協力して救出する。
・けが人の応急手当を行い、重傷者は病院などに搬送する。
・手に負えない場合は、消防や警察に任せる。
※自主防災組織の活動は
■避難する際は、徒歩で自主防災組織ごとにまとまって行う。
■高齢者や体の不自由な方等を優先して救援
■近隣における安否の確認をする。
■大火災時の危険が迫ったら、広域避難場所へ避難する。
■安全が確認された場合は帰宅する。
6
〜3日 外部からの救援が届くまで
【外部からの救援が届くまで】
・救援が届くまでの間、、生活必需品はできるだけ非常持出品などの備蓄でまかなう。
・壊れた家には入らない。
・正しい情報をつかみ。余震に注意する。
※自主防災組織の活動は
■行政等と情報交換を行う。
■高齢者や体の不自由な方等の配慮を必要とする肩を積極的に支援する。
■河川水、井戸水をトイレ用水などの生活用水として共同利用する。
【避難生活 避難生活では自主防災組織を中心に行動を】
・避難所運営に積極的に協力する。
・集団生活のルールを守る。
・助け合いの心で。
※自主防災組織の活動は
■危険箇所の見回りを実施する。
■防火や防犯の見回りを実施する。
■炊き出しを実施する。
■避難者や施設管理者と協力して避難所を運営する。
地域の集合場所とは
地域住民が、近隣の安否や周辺被災状況の確認、避難誘導等の災害に対処するために集合する場所です。
避難所とは
災害により現に被害を受け、又は受ける恐れがある地域の住民が、一時避難するための施設をいい、小学校の体育館などが避難所に指定されています。
広域避難場所とは
地震に伴う大火災等の二次災害の危険から地域住民の生命の安全を確保できる屋外の広い場所をいい、現在、市内に68箇所が指定されています。
避難救助拠点とは
地震に伴う大火災等の二次災害が発生した場合、地域の住民に対し、災害情報の伝達、収集及び応急救護等を行う場所をいい、市内北部に23箇所が指定されています。
自主防災組織とは
「災害から自分たちのまちは自分たちで守ろう」という精神で、おおむね学区や町内会を単位に結成された自助組織です。

災害時の備え災害時の備え

いざというときのために、日頃から最小限の非常持出品を用意し、両手が空くリュックサックなどに入れておきましょう。また、準備した非常持出品を地域の防災訓練の際に活用しましょう。

非常持出品

● 一次持出品(すぐに必要なもの)

必ず必要となるもので、食料や水を3日分は用意しましょう。

  • 3日分の程度の食料や水
  • 情報収集に必要なラジオ・携帯電話・夜間の避難に必要なライト
  • 常備薬などの医薬品
  • 当日の衣類・タオル・ウェットティッシュ
  • 頭部を守るためのヘルメット・防災ずきん
  • (乳幼児がいる家庭)オムツ・哺乳瓶
  • 貴重品(免許証や健康保険証のコピー、預金通帳、印鑑
  • 軍手
  • メガネ
  • ライター
● 二次持出品(避難生活に必要なもの)

非常食が届くまでの間に必要となるもので、余裕があれば用意しましょう。

  • 非常用食料・水・生活用品など、5日間程度の避難生活に必要なもの

安否確認の電話は災害用伝言ダイヤルへ

地震などの災害が起きると、被災地への安否確認の電話が殺到して電話がつながりにくくなることがあります。
こんな時は、「災害時伝言ダイヤル171」を利用しましょう。

安否確認の電話は災害用伝言ダイヤルへ
災害用伝言ダイヤル171の使い方

災害用伝言ダイヤル171は、被災地の方の安否情報を音声により伝達するものです。震度6以上の地震が発生した場合などに利用可能となります。利用出来る電話は、一般電話や公衆電話、携帯電話などです。
「171」をダイヤルし、音声ガイダンスに従って録音や再生ができます。

災害用伝言ダイヤル

無料相談、お問合わせはこちら

各保険についてのご不明点やその他ご相談などございましたらお気軽にお電話にてお問合わせください。

  • 取扱代理店 株式会社 葵総合保険
  • 0120-672-110受付時間 10:00 〜 18:00(土日祝祭日:定休)
  • ※お電話の際、ホームページを見たとお伝えください。
  • 〒604-0903 京都市中京区河原町通夷川上る指物町320
  • [Tel] 075-256-2811 [Fax] 075-256-2141
個人情報保護方針金融商品販売勧誘方針

Ⓒ2016. 株式会社 葵総合保険